継続する

耳鳴りは様々な病気でおこります。

耳鳴りは外にはない高低多種の雑音が断続的または継続的に聞こえる聴覚の異常で、片方の耳または両方の耳でおこります。耳の病気でおこる場合と他の病気でおこる場合があります。耳の病気としては、外耳道や耳管での耳垢・異物の混入や感染症、中耳にある耳小骨の病気である耳硬化症、内耳の細胞に障害がある騒音性難聴や加齢性難聴、難聴も伴い回転性のめまい発作を特徴とするメニエール病などがあります。また薬の中には多く服用すると内耳の細胞を傷つけ耳鳴りを引きおこすものがあります。 耳以外の病気で耳鳴りをともなうものには、聴神経の腫瘍や頭部外傷、顎の関節の病気である顎関節症、高血圧症をはじめとする循環器の病気、頭の血管の病気、貧血、甲状腺の病気および糖尿病などがあります。

治療には再訓練法などがあります。

耳鳴りの原因が明らかな耳の病気による場合は、病変に対する治療をおこないます。それらは炎症の治療、聴神経腫瘍や耳硬化症に対する手術などです。原因が分からない場合は、音響療法とカウンセリングから構成されている再訓練法が標準的な耳鳴りの治療法になっています。音響療法は補聴器を使って日頃無意識に聞いている連続音などを時間をかけて聞くことによって、耳鳴りを意識しなくなるように抑え雑音に慣らす方法です。カウンセリングでは、音が聞こえる仕組みや耳鳴りがおこるときの脳の役割などについてくわしい説明を受けます。 基礎疾患が耳以外の病気たとえば顎関節症の場合には歯科治療が、高血圧症に対しては降圧剤投与などの治療が必要になります。